日本料理 日光 高井家 一期一会 創業文化二年 二社一寺御用
 
小史 日光高井家
高井家について

創業200年の歴史

  日本料理「日光 井家」は、江戸後期文化2年(1805年)現在の地に創業いたしました。古くは東照宮のご造営とともに日光に移り住んだ先祖が、当初「栗山蕎麦 井屋」として開業し、日光山輪王寺門跡の宮様より「鎹山」(かすがいやま)のご紋章を賜り、代々井屋山三を襲名してまいりました。井酒袋(しゅたい)との別名を持つ先祖は一升酒を楽々と飲み干し、御前で一糸乱れぬ蕎麦を打ったという言い伝えがございます。

 その蕎麦の味は、明治から大正にかけて多くの文人墨客にも愛され、田山花袋や国木田独歩らが日光を訪れる楽しみの一つにあげるほどであったことなどがいくつかの文献に残っております。大正時代にはすぐ近くの田母沢御用邸に「東宮職第参拾號」の門鑑を携えて打ちたての蕎麦をお届けしておりました。しかし、時代とともに近所にたくさんあった粉引きの水車もなくなり良質のそば粉入手が難しくなったため、現在では特別な時だけのお献立となりました。

  創業以来日光二社一寺の祭礼関係の御料理も御用を賜り200年、今日では日光名物湯波料理などが広く観光のお客様にもご好評をいただいております。皇室、文化人の方々、親子何代にもわたる地元の方々にご愛顧いただき、また最近では海外のお客様にも伝統的な日本の料理と雰囲気を楽しんでいただき誠にありがたいことでございます。

 「日光 井家」は美しい自然に恵まれた歴史あるこの日光の地で、これからも伝統に育まれた味を守り続けながら、つねに新しく時代にあわせた進化を目指し努力してまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
写真
鎹山紋付献上蕎麦用切溜
鎹山紋付献上蕎麦用切溜
栗山生蕎麦看板
栗山生蕎麦看板
蕎麦注文書
蕎麦注文書
明治期日光山全図
明治期日光山全図
御用邸門鑑
御用邸門鑑
写真をクリックすると大きい写真がご覧になれます
 
◆高井家の歴史に触れる
-お問い合わせ-
〒321-1434 栃木県日光市本町4-9
TEL(0288)53-0043(代) FAX(0288)53-0044
メールフォームでお問い合わせ
※ご予約はお電話でお願いします。
(c) 2006 Takai-ya All Rights Reserved.